避妊・去勢について

避妊・去勢を検討中の飼い主様へ

こんな不安や疑問はありませんか?

避妊・去勢|厚木キジュ動物病院
  1. なぜ病院では避妊・去勢をすすめるのか
  2. いつ頃するのが良いか
  3. 手術後の処置は

このような不安や疑問がある飼い主様は解決できるまで質問してください!「自分のワンちゃん・ネコちゃん」を預けて手術する心配はかなりあるとかと思います。私も全力で答えさせて頂きます。

まず避妊・去勢手術とは何をするものなのか?
| |
避妊はメスが行う手術で卵巣と子宮を、去勢はオスが行う手術で精巣を取り除く手術です



避妊・去勢のメリットとデメリット

[メリット]

(1)最大のメリットは、高齢になってからの病気の予防ができる事です。特に多い病気で乳腺腫瘍や子宮蓄膿症があげられます。

<乳腺腫瘍>

乳腺腫瘍は犬で50%、猫で90%が悪性と言われています。では避妊手術をするとなぜ乳腺腫瘍の予防ができるのか?
避妊手術をすると卵巣と子宮がなくなり発情がこなくなります。そのため、乳腺が発達せず腫瘍になる乳腺組織そのものが発達しないからです。乳腺腫瘍ができる確率は初回発情前の避妊手術で1%以下、1回発情後で10%以下、2回発情後で30%くらいの確率と言われています。たとえ良性の腫瘤でも徐々に大きくなり破裂を起こす事があります。
そうなると貧血を引き起こし麻酔のリスクもかなり高くなります。

<子宮蓄膿症>

子宮蓄膿症とは子宮に細菌が入り膿が溜まってしまう病気で、子宮が破裂したり全身に細菌や毒素が回ると死に至る事もあります。特に発情期は卵巣からのホルモンの影響で子宮内に細菌が入りやすい環境となります。あまり知られていませんが、ワンちゃん・ネコちゃんは生涯にわたって発情期があり閉経する事がありません。
なので発情期がくる度に子宮蓄膿症の可能性がつきまといます。特に高齢になればなるほど確率はあがり、7~8歳くらいの未避妊の子だと3頭に1頭くらいの確率で子宮蓄膿症になります。発情後の頻尿や血尿、体重減少、食欲不振などの症状がみられます。
元気なうちの避妊手術と高齢になって子宮に細菌が入ってからの手術とでは、手術の危険度が全然違います

(2)発情に伴うストレスの軽減

未避妊のワンちゃんだとだいたい年に2回の発情期があります。まずは出血があり、それを一日中気にして舐めたり、色々な物にお尻を擦りつけたり、神経質になり攻撃性が増したり、一週間くらい食欲がなくなったりという行動が多くみられます。
ネコちゃんの発情期でよく相談を受けるのは「ご飯も食べずに一日中鳴いているから何とかしてほしい」と相談を受けます。近所の迷惑にもなり、飼い主も眠れない、何よりも本人が鳴き続けて疲れてしまいます。実際に発情期の前と後で体重が減ってしまう事も多く、それだけエネルギーを消費してしまいます。
これらの行動はいずれもワンちゃん・ネコちゃんにとってかなりのストレスとなり避妊手術により回避する事ができます。
ただし100%回避できるわけではなく、1,000頭に1頭くらいの低確率ですが、発情が残る事があります。

(3)妊娠と分娩時のリスクを回避

交配させるつもりがなくても目を離した隙に交配してしまった、いつの間にか妊娠をしていてお腹が大きくなってきた、などの相談も病院で受ける事がありますが、こういった望まない妊娠を避ける事ができます。
分娩時のリスクは人同様ワンちゃん・ネコちゃんにもあり、特にフレンチブルドッグやパグなどの犬種は高確率で帝王切開になります。帝王切開になると分娩時のリスク+麻酔と手術のリスクも加わります。

[デメリット]

(1)麻酔のリスク

避妊・去勢手術は全身麻酔でおこなうため、管理を徹底しても麻酔事故のリスクは存在します。
当院では術前に身体検査をして血液検査やレントゲン検査もお勧めしていますが、麻酔によるリスクを完全に把握できるわけではありません。もし術前検査で異常が見つかれば改善して万全の状態になってからの手術をおすすめしています。実際に栄養状態が良くなく術前検査で貧血などが見つかり延期になる事もあります。
手術中は生体の変化にすぐ対応できるようなスタッフ態勢で手術に臨んでいます。

(2)太りやすくなる

避妊手術をしたほとんどのワンちゃん・ネコちゃんがポッチャリしてきます。ホルモンバランスの影響や卵巣・子宮でのカロリー消費がなくなるため太りやすくなります。肥満による影響で良いものは一つもなく体型維持は絶対に必要です。
体型維持の方法には二つあります。
一つ目はフード。
当院では避妊・去勢後のフードの提案もしっかりさせていただきます。避妊・去勢後のフードやカロリーの少ないフードなど様々なフードの中から合うフードを提案しています。グルメなワンちゃん・ネコちゃんでなかなかフードが見つからないなどの難題も一緒に悩んで何とか色々と提案できればと思います。
二つ目は運動です。
ネコちゃんではなかなか難しい事が多いですが、ワンちゃんの場合は散歩の時間を長くしたり、ドッグランで走るなど運動をして体型維持が必要です!


当院の避妊・去勢手術の特徴

痛みの少ない半導体レーザー

大きな特徴として2つあります。
1つ目はお腹に糸を残さずに手術をすることができます。従来の術法では卵巣、睾丸を切除する際に縫合糸を使用します。まれに縫合糸に対して生体が反応し、肉芽腫を形成してしまう場合があります。
糸反応性肉芽腫を防止する目的で当院では避妊手術の際にレーザー手術をおすすめしております。

2つ目は、レーザーには痛みを緩和する効果があるので従来方法よりも痛みが少ない手術になることです。

経験に裏付けされた実績

当院院長の難波勝則獣医師は、これまで累計で1,000頭以上の避妊去勢手術を執刀してきました。
そのため、経験に裏付けされた技術で多くの飼い主様から支持されております。

徹底した疼痛管理

当院では、手術中持続性点滴麻酔を使用し、麻酔の負担の軽減と疼痛の軽減を行なっております。

避妊去勢までの流れ|厚木キジュ動物病院

診療の流れ

当院では治療前にしっかりと問診と身体検査、各種検査を行い飼い主様の不安と疑問が解消できてからの治療となります。少しでも不安や疑問がある場合は何でも聞いて下さい。解決できるまで何度でも説明します!

1.初めての来院時

まずはしっかりと問診と一般身体検査をし、避妊去勢手術ができる状態であるかを把握します。

避妊去勢手術ができる状態であることを確認できたら、手術の日程を決めます。また、手術前日の注意事項等をお伝えします。

身体検査|厚木キジュ動物病院

2.術式の決定

当院では、糸反応性肉芽腫を防止する、そして痛みを緩和する効果のある半導体レーザー手術をお勧めしております(個体に合わせた治療方法をご提案いたします)。

それぞれの特徴をご説明して、ご家族の方に従来の術法と半導体レーザー手術のどちらかを選択していただきます。

3.避妊去勢手術の当日

ご指定の時間に来院していただきます。

お預かりする際に、手術にあたっての同意書にご署名いただきます。

 

避妊去勢|厚木キジュ動物病院

4.お迎え・退院

女の子(避妊手術)の場合、翌日の退院になります。
男の子(去勢手術)の場合、当日の夕方以降に退院できます。

  • 従来の術式を選ばれた場合、退院の10日後頃に来院していただき、抜糸をします。

 







<< こんな症状はありませんか?一覧に戻る >>




Copyright © 2016 厚木キジュ動物病院 All Rights Reserved.