厚木キジュ動物病院の特徴|循環器診療

循環器診療


循環器疾患の分野には特に力を入れています
厚木キジュ動物病院では、循環器診療に力を入れております。近年、心臓病治療に関しての知見は大きく変わってきており心雑音があっても投薬が推奨されない例が増加しています。最新設備で正しい検査を行い、適切な投薬を提案出来ます。特に院長は老齢犬の心臓病のほとんどを占める「犬の慢性弁膜症(いわゆるMR、僧帽弁閉鎖不全症)」の研究を大学病院で行っており、また犬の先天性心疾患で最も多くみられる「動脈管開存症の開胸手術」も多く経験しておりますので、より適切な内服薬の提案、外科手術希望の際のスムーズな紹介を行うことが出来ます。

循環器診療|厚木キジュ動物病院


最も大切なのは病気になる前の対策です
私は犬の心臓病の研究を大学で行っていることもあり、循環器疾患の治療には特に力を入れています。最新の設備で正確な検査を行い、適切な内服薬のご提案や手術を希望される方への二次診療のご紹介をよりスムーズに行うことが可能です。
ですが、最も大切なのは病気になる前の対策です。皮膚疾患や消化器疾患に比べると循環器疾患は初期症状が出にくいといった特徴があり、咳などの症状が出る頃には重症化している場合も少なくありません。初期段階で症状を抑えるためにも、定期的に健康診断を受けることをおすすめしています。

循環器診療|厚木キジュ動物病院

 


こんな症状はありあせんか?|循環器診療はこちら ≫




Copyright © 2016 厚木キジュ動物病院 All Rights Reserved.