循環器系の病気について

循環器系の病気について

こんな症状はありませんか?

循環器系の病気について|厚木キジュ動物病院
  1. 散歩が短くなった
  2. 運動を嫌がる
  3. すぐ呼吸が荒くなる
  4. 咳をする
  5. 毛並みが悪くなった

この様な症状に心あたりがある場合は、愛犬、愛猫が循環器系(心臓病)の疾患にかかっている可能性があります


循環器系の病気について


犬の場合によくある病気

よくある病気として僧帽弁閉鎖不全症があります

犬の心臓病で最も多い進行性の心臓病です。特に高齢の小型犬に多く診察時に「心雑音があります」と言われるほとんどの原因が僧帽弁閉鎖不全症です。
心臓は4つの部屋に分かれています。収縮時に心臓内の血流を一方通行にし逆流を防ぐために「弁」が存在します。
その「弁」がしっかりと閉じることで一方通行を保っていますが、「弁」に変性が起こる事で心臓内に逆流が生じます。その逆流が心雑音として聞こえます。
血液が逆流してきた部屋には圧がかかり心臓の筋肉を内側から押し広げるため「心拡大」がおこります。投薬前に心臓の評価をし病気のステージと症状に合った投薬が生涯必要となります。投薬を開始すると「元気になったから薬をやめた」という事ができません。基本的に治る事のない病気ですので早期発見と予防が重要となります。


猫の場合によくある病気

よくある病気として肥大型心筋症があります

猫の心臓病で最も多く、症状や心雑音が全くなくても約1割の猫が罹患している病気です。特に大型種の猫に多く、生後数か月から高齢までどの年齢でもなります。
心臓は全てが筋肉でできており「収縮」と「弛緩」を繰り返す事で血液を全身に送ります。
その心臓の筋肉(=心筋)のタンパク質に異常が起こる事で「収縮」と「弛緩」の働きがしっかりとできなくなり心臓の機能低下が起こります。機能低下を起こした心臓は「心筋を増やす=心肥大」する事で心臓の働きをカバーしようとします。ですが増えすぎて大きすぎる筋肉は柔軟性がなく「筋肉がありすぎて動きづらい」状態になり機能の改善にはなりません。心筋を増やし心肥大を起こしたのに機能の改善がないので心筋はさらに肥大しようとします。この悪循環が永遠に続くため治る事がありません。この悪循環の進行を少しでもゆっくりにするために病気のステージと症状に合った投薬が生涯必要となります。



当院の循環器疾患の治療の特徴|厚木キジュ動物病院


専門医による診断

厚木キジュ動物病院では循環器診療に力を入れております。近年、心臓病治療に関しての知見は大きく変わってきており、心雑音があっても投薬が推奨されない例が増加しています。
当院では最新設備で正しい検査を行い、適切な投薬をご提案出来ます。特に院長は老齢犬の心臓病のほとんどを占める「犬の慢性弁膜症(いわゆるMR、僧帽弁閉鎖不全症)」の研究を大学病院で行っており、また犬の先天性心疾患で最も多くみられる「動脈管開存症の開胸手術」も多く経験しておりますので、より適切な内服薬の提案、外科手術希望の際のスムーズな紹介を行うことが出来ます。

内科療法

まずは心臓の評価をしっかりと行います。家での症状、一般身体検査、血液検査、レントゲン検査、エコー検査を合わせて現時点での心臓の状態を把握します。その上で状態に合った薬をを提案させていただきます。
治る事がなく生涯にわたって薬が必要な治療のため、飼い主様の時間や費用的な問題の相談にも対応いたします。
定期的に状態をモニタリングし進行度合いに合った薬が必要となります。

循環器診療|厚木キジュ動物病院

外科療法

外科的な治療には専門の設備が必要とされるため、手術できる病院がかなり限られます。当院では希望される飼い主様には他院を紹介します。

循環器診療|厚木キジュ動物病院


当院の治療の流れ|厚木キジュ動物病院

診療の流れ

当院では治療前にしっかりと問診と身体検査、各種検査を行い飼い主様の不安と疑問が解消できてからの治療となります。少しでも不安や疑問がある場合は何でも聞いて下さい。解決できるまで何度でも説明します!

1.初めての来院時

まずはしっかりと問診と一般身体検査をして動物の状態を把握します。年齢や性別、品種によって、かかりやすい病気が違うため、まずは必要な検査を見極めるため、しっかりお話しします。

  • 問診
  • 視診、触診、聴診など
身体検査|厚木キジュ動物病院

2.検査、治療の提案

問診と身体検査で大まかな動物の状態を確認し、治療や検査のご提案をします。症状が軽い場合などには必要のない検査は行なわず、治療を優先して診療を進めることも多くあります。

なかには精密な検査が必要となることもあります。その際にも可能な限り負担の少ない検査から行なっていきます。
この時点で治療や検査が高額になる場合には、大まかな費用のご説明も併せて行ないます。

3.検査と治療計画

動物たちの状態に合わせて、血液検査、レントゲン検査、エコー検査などを行ない、治療前の心臓の評価をします。また、心臓が悪くなり他の臓器にも影響が出ている場合もあります。

検査結果は分かりやすくご説明し、獣医師とご家族の方との相談の上で、個体に合わせた治療計画を決めていきます。

検査|厚木キジュ動物病院

4.治療の開始

ご家族の方と相談して、ご納得して頂いた上で治療に入ります。

 







<< こんな症状はありませんか?一覧に戻る >>




Copyright © 2016 厚木キジュ動物病院 All Rights Reserved.